めぐめぐのブログ4杯目

雑談メインのライフログです

FGO 6周年を迎えて

news.fate-go.jp

一時期は廃課金者を増産した恐ろしいゲームとして一世風靡したFGOもこの8月で6周年とのことです。

私もリリース初日ぐらい(iOS版はAndroid版より数日おくれているんですよね)にプレイしはじめたもののあまりもの非爽快感さに数日で逃げたのは良い思い出です。CCCコラボの時に帰ってきました。

今考えたらDWのダメな片鱗って初めから御開帳状態っだのかもしれません。

アニバーサリー期間という事で結構色々ありましたが結局一番盛り上がったのは先行リリースした光のコヤンスカヤだった気がします。

あのあと無理やり召喚しました。つえーぜタマモシリーズ。

 

6周年を超えた今年のFGO、一つハッキリしたことがあったと思います。

前々から言われている

DWはFGOに何も貢献していない

が事実であったこと。厳密にはFGOと言うサービスを回すにあたっての必要最低限のことしか出来ていない、ことでしょうか。6章が始まるまでのこの半年、実にプレイ時間が皆無でした。(5.5章除く)」

FGOが今まで生き残っているのはTYPE-MOONが作り出した世界観であり、魅力的なキャラクターや音楽を作り出したクリエーターであり、商期をキチンとものにしたアニプレックスであると。

こんな散々な言われ方をされるのはFGOが売上1位に君臨していた頃、必要以上に自社を持ち上げたDW自身の自業自縛であります。普通ここまで嫌われませんよ?

実際の所問題のプロデューサーは去っていまのプロデューサーは至ってまともな人なのではありますがDWと言う会社の体質はそうそう直るものではないのはわずか半年でセガもろとも沼に埋めたサクラ革命が記憶に新しいと思います。

正直あれはセガもだいぶ問題があったとは思いますがそれを差し引いてもDWにゲームを盛り上げる資質はないことは証明されたと思います。

FGOに関しては一節にはTYPE-MOONアニプレックスの発言権が強すぎて自由にできない部分が多々あると言われていますが、それが事実だとしてもこの6年間、一緒に制作してきたコンテンツにも関わらず下請けみたいな地位に甘んじていたのだとしたら、それはDWの失策であり同情の余地はありません。

で、なんでこんな文章を書いているのかなぁと思ったのですが、オリンピックの盛り上がりに内閣がじゃっかんイキリ気味なのを見てお前のお陰じゃないだろと突っ込んだ時ふとつながったからですw

FGOねぇ・・・メインと水着イベだけ頑張ってあとは月姫コラボかな。それで終わりにしても多分心残りは無いかなと思います。

原稿用紙1枚感想「Fate/Grand Order -冠位時間神殿ソロモン-」

anime.fate-go.jp

FGOのアニメシリーズは一貫してファン用アニメです。それは映像化されている物語が序、6、7そして今回の終章とアニメでの完結が不可能な点とぶっちゃけFateを冠するアニメ全般で面白い作品が少ない、動いているだけで僥倖な部分が多分にあります。

今回のソロモンも例に漏れずファン用アニメです。

ただし、FGOの第一部を終わらせている方には必見の一作に仕上がっており「数少ない面白いFate作品」といえる部分です。

第一部最終エピソードという事で一部を締めくくる総決算的な盛り上がりをきちんと映像化しているのが素晴らしい。なかなか円卓後編の宝具演出乱発の様には行かないものの多種多様のサーヴァントが美味しい場面で出てきて共闘する場面を大画面で見られるのは感涙しか言葉の例えようがありません。あ、この作品劇場で見てナンボです。多分家のTVで見てもそこまで感動度は高くないかなと思っています。

今回主人公だけどプレイヤーの分身で召喚する側という事で今まで絵面的には傍観者ポジっぽさがにじみ出てしまう藤丸立香くんがキチンと主人公をしている所が良かった。

今まで「最終的に藤丸立香が生き残ればいい」から「藤丸立香を食いつぶしてでも目的を完遂する」にシフトしている部分から彼が最前線で戦う必要があるのが最たる理由ですが、今までの旅で出会ったサーヴァントが彼のために戦場に赴き共闘する流れもあわさっているからじゃないかなと思います。

基本ジャンプ的な構図な作品なので男の子している主人公は胸滾りますね。

と、べた褒めですが実はコミックなどでは普通に男女両方とも藤丸立香はしっかり主人公をしているのでアニメスタッフが無・・・だったのはおそらく事実です。ですが、ここに来てその反省を活かせたのかなぁと思っています。

あと、ゲーティアを担当している杉田さんですが90分ある尺の中で半分近く・・・いや以上喋っています。いわば体は杉田で出来ている状態です。本当にお疲れさまでした。

という事で第一部をクリアした皆様は是非観に行きましょう。また、現在最新章までプレイしている皆様におかれましては復習と予習になりますのでもれなく観に行きましょう。

 

宇多丸さんの「竜とそばかすの姫」評を聴く

宇多丸さんによる竜とそばかすの姫のレビューを聴きました。

肯定部分はおおよそ私も同意できるところで「映像作家 細田守」としての実力は世界レベルだなぁと改めて感じました。

ただ問題の部分は「もうちょっと丁寧にやってくれれば」程度の評価で全体的には差し支えのない感じだったのはそこが作品全体を致命的にしていると考えている私としては納得行かず、というのが聴いての感想です。

問題点、宇多丸さんも挙げていた「一人で都内に行ってDVにあっている子供を助ける描写」と挙げられませんでした「解決策としてネットに自分の顔を晒せという幼馴染」は今までどれだけ良い作品運びだったとしても私には感化できない部分でした。

そのくせ、なんか全部丸く収まったみたいに川辺を歩いてハッピーエンドみたいなのは解せません。

素人意見ですが例えばネットに顔を晒さなければいけないシーンは

幼馴染が思いつくも言いよどんでいるところを察して主人公が決意しようとするがそれを幼馴染がデメリットを挙げて引き留めようとする。だけど・・・

なら納得が行きます。そうでないと幼馴染が無責任な思いつきと押しつけをしているだけになってしまうからです。幼馴染は劇中言葉の端々に好意を感じましたので最後のセリフをつなげる為にもそのくらい回りくどいほうが良かったと思います。

また一人で都内に行ってしまうシーンは

一緒に居たおばさん、出来れば父親が同行すべきだったと思います。現場に遭遇するのはたまたま一人の時と言うのはありですが初めから一人なのはあまりにも大人が無責任になってしまいます。主人公の母親との対表現をしたかったのかも知れませんが人との協調を主題にする作品を作っている細田監督ならそこは人を頼って物事に当たり母親一人との対比を作るべきだった。

これは素人のうわ言ですがもうちょっと丁寧にやってもらいたかったと思います。このあたりの映像は丁寧だけどシナリオは雑、なのはこの映画全編に見え隠れしているんですけどね。だから次回作はちゃんと脚本家つけて下さい。

あと宇多丸さんにケチ(笑)をつけるとすると

・U内で巨大コンサート開くを云々は友達がプロデューサーをやっているという説明がちゃんとあるのでそこで納得して欲しい

・見る前から歌が主題の作品だと分かっているのに歌詞を軽視しているのは映画を見る気があったのか甚だ疑問

サイダーがもっと評価されたい人のグダグダでした。

オリンピックが始まって1週間経過

オリンピック自体はつつがなく行われておりますがコロナ関連を軸に外堀は変わらず話題は尽きません。

www.tokyo-np.co.jp

開催されてから極端に感染者数が増えてきてオリンピックを中止すべきではと言う声も挙がっています。

増えた原因=オリンピックと言う考えは短絡的だしおそらく因果関係を立証するのは非常に困難だと思います。

それは織り込み済みでしょう、内閣は「ノー」回答をしており会場で内部崩壊でもしない限りは予定通り進められるかと思います。

問題はオリンピックを抜きにしても楽観視していると思える菅総理の回答です。

重症患者が少なかろうが65歳以上が少なかろうが都内の感染者数は増えている。

初めから感染者数ではなく重傷者数だけをみているのなら以前から伝えるべきだろうし緊急事態宣言の意義もない。

都合のいい数字だけ論って答えるけれどやっていることは相変わらず感染者数目線、しかも形だけで中身は日々無意味化している。

国民が欲しいのは収束に向けての緻密なロードマップでありそれに対する対処方法であり細やかな指針とサポートなのであって内閣の事なかれ思想の延長上を享受することではないことを未だに悟らないのは何故だろう。

菅首相は悪い人ではないのかも知れないが今の時代に国のトップに立つ人としてはあまりにも不適格ではないかと思う。同じ言葉をロボットのように繰り返し、自分の言葉では何も言わず、たまに口を開けば不機嫌な言葉だけ、せめて周りがきちんとしていれば別にお飾り首相でも構いやしませんが周りは周りで好き勝手やっているだけなので自民党はきちんと頭を立ててせめてコロナが収まるまではこちらをみた施策を立てて欲しいと思います。

あと、今のままだとオリンピック選手がキャリアになって帰国後一騒動・・・ってシナリオが想定できるんですがちゃんとルールは守ってもらっています?毎日報道される内容を聞く限りそうは思えないのでとても心配です。

 

一瞬の谷間でゲットだぜ

f:id:megtan00:20210728233223p:plain

嬉しかったので

これで必要数の林檎が予算内で買えたのであとは放置プレイです。

大体積み立て資金の2年分を林檎にぶっこんでいます。

ブランド力はGAFAMと呼ばれるだけあって随一なので長期で見れば少なくとも4,5年は右肩上がりを期待できると思います。過大評価は禁物ですが

積み立て資金を遊ばせておくのもなんだからと思い切って突っ込んでみましたが色々学びが多くてよかったかなと今は思います。これで右肩上がりが続けば更に良かったと思うし大暴落の憂き目に合えば死して屍拾う者なしですし。

まだ、余剰資金は残っているのでそれに関しても半年~1年かけてETFに乗せて少しでも育てていこうかと考えております。

ちなみに手持ち金融資産の全ブッコミとか怖いことはしていませんよ?60%はノーリスク資産として保留してますからね、余剰金で育てるのは鉄則です(謎のドヤ)

境界線の分からない高速道路

ja.wikipedia.org

秋田県にある秋田自動車道はまだ未完成部分が多く無料区間があります。

高速道路のど真ん中に唐突に料金所が発生し、そこで料金を支払うとまたしばらくの間無料で信号のない道路を走ることが出来ます。

結構昔からそんな状態らしいのでまだしばらく続くのでしょうね。

まぁそれは良いのですがうちの会社って営業車にテレマティクスが装着されていて速度監視がされています。

で、一般道は60km、高速道は100kmまでの制限が設けられていてそれをオーバーすると上司から警告が飛んでくるありがためいわくな仕組みあります。

そんなわけで料金所を超え先はテレマ的には高速道路なの?それとも一般道なの?と言う話になります。

結論から言うとどうやら高速道路らしいのですが基準が曖昧で料金所を出た直後は60kmギリで走っていました。ちなみに道路の制限速度は70kmです。

当然後続車(しかも大型トラック)に煽られる形になるので「言われた言われたでしょうがない!」と高速道路の体で走っていました。

前述通り問題なかったらしく上司からは何も通達が無かったので事なきを得ました。

ちなみに高速道路が出来ていないため唐突に一般道になります、これも「どこから一般道やねん!」と突っ込みつつ慎重に走ったのは言うまでもありません。

以上、本日も片道2時間走らされた恨みつらみでした。

月曜日の穏やかな出来事

とりあえず眠いんですが片道2時間のお客様のところへ午後納品に行ってきました。

そしたら午前中着の荷物がまだ届いていない・・・宅配屋に電話をして支給届けてもらい仕事を始めたのは客先に着いて1時間後でした。

帰りも2時間の道のりを残業禁止な風潮の会社なのでのんびり・・・というわけにも行かず制限速度ギリギリで帰社しました。

帰ったら帰ったで上司にあれやってないこれまだかと言われ・・・いや、そんなことやっている時間無いのしってるよね?と思いながら作り笑いをしている私なのでした。

月末なので漏れがないようにしたいのは判るのでチェックしていただけるのは半分ありがたいのですが運転疲れ直後はちょっと疲れます。

そんな月曜でした。先週3日しか出勤していないから5日フルタイム(しかも月末でバタバタ)は辛いっす。今週も頑張ろー